EVENT & REPORT

2月下旬〜3月中旬 せつぶん草

2020.03.01 EVENT

白い可憐な花を咲かせる「春の妖精

セツブンソウ

せつぶん草」は京都府の絶滅危惧種に指定されている山野草で、その群生地は京都府では南丹市日吉町中世木だけとなっている。石灰岩地を好む傾向にあり、適地適温でのみ開花する希少植物です。可憐な白い花は「春の妖精」「春のはかない命」と呼ばれている。花の中心部が一般的には紫色だが、中世木区に自生する種は白色で珍しい。

開催日
2月下旬〜3月中旬
場所
京都府南丹市日吉町中世木
連絡先
山野草を守る会
(南丹市日吉支所集落支援室)
0771−68−0108
その他
群生地は私有地のため、自由に立ち入ることができない。見学希望の場合は事前の問合せ必要